2013年04月23日

そして土曜


1P側
20130423a.jpg

2P側
20130423b.jpg




・・・うん?



というわけで、同じメンツ3人。


早い時間帯にgoさんとタイマン。

ラバソを使うも、「はいきた」と狙ったタイミングでさせた複数段攻撃にGCが出ないしょうもなさ。

デーボを使えばプロペラカッターも低空も出ず、相手の攻撃に本体アドバ→on立弱で何度反撃しても痛い思いをさせることができない。

恐らく手の疲れか何かでレバーの入るタイミングが普段より数フレ遅れていたと思うので、こういう時はそれを考慮してボタンを若干遅めに押したほうが良いのかも。キャンセルタイミングや諸動作が遅れても、暴発や不発よりは幾分マシ。



やがて国松さんが来て、goさん対K松さん、前夜の続き。僕は寝る見る。


チャカ×イギーが主。

前夜はK松チャカにくちゃくちゃにされていたgoさん、よく寝たのか落ち着いた立ち回りに。

中距離でのチャカの前後垂直飛び(前回やられて萎えていた行動)を無視して、前に飛んできたところにon立中スタンドoff→屈中>砂波で対空取ったり。個人的にイギーon立中はちょっと振るのが怖いものの、goさん的にはリーチと打点をギリギリまで使い、チャカが本体J強を出してくるような間合いで振っていた感じなのかも。

K松さんは、受け気味の犬相手にジャンプ多目で立ち回っても意味がないのでその辺を途中から少しずつ修正。前に飛ぶときはしっかり当てるつもりで。


勝ったり負けたりのネッセンが3時間ほど繰り広げられていました。


僕も最後チャカでちょっとg犬と対戦。

K松さんは低空に本体屈強を合わせに行くことが多いものの、僕の場合もっとライトに本体立弱反応→J強→お手玉

お手玉に関しては・・・イギー的にはお手玉を拒否したり追っかけへの反撃を狙う意味で各種受け身から空中浮遊するのが常。そこでこちらとしてはなるべく浮遊の裏を取るような瞬間的な位置換えを意識するのはもちろん、前方や目前で浮遊され砂玉を撒かれたりする時も何かしら手を出すように心がけ。意外と砂玉の隙間から通常技が通ったり、砂玉と相打ちになることも。

砂玉を食らった時のヒット硬直は短いので、相打ち時は犬側へ追撃できることも。

イギーはとにかく発生判定が貧弱なので、一度触ったらジャンプ防止も兼ねるイヤな打点でゴリ押したりディレイを掛けながら有利フレームの続く限り突っついていくのが特に効果的。

低空も投げもそうそう通らないので、イギー側の苦労と比べて凄く楽。


どちら側としてもさらに煮詰めていきたいところ。
posted by sq at 21:20| Comment(2) | ジョジョ関連記

2013年04月20日

幻の金曜ジョジョ

金曜昼過ぎ、国松さんから週末ビッグワンに来るのか来ないのかという趣旨のメールが。

日曜は用事があるので土曜行きますと答えると、「それはそれとして、今日の夜なんかも軽くやれないかな?」というにわかに信じがたい文章が。

オッサンのくせに凄い元気だなと少し引きつつ、まぁたまにはそんなのもありかということで─────夜急いで風呂入って着替えて埼玉県は南浦和へ。


20時半着、仕事着のままのK松さんは既にそこに居ました。

自宅とビッグワンと仕事場の間しか移動しないK松さんとさっそく対戦。


最近よくやるイギー×チャカの吟味。



K松さんは犬の地上空中からの接近いずれをもそこそこ拒否できるという意味でか、中距離前後ジャンプ(犬の飛びと噛みあえば本体J強で発生リーチ判定のいずれかでだいたい勝てる)を試していた様子。

犬としてはそこへ地上からonD強対空を。

ちょっと前の記事で書いた通り信頼できる。

この日はそのonD強対空直後、今までやっていたバックワープorバックダッシュ→下受け身にまたD強という行動のほかに、そのまま前に出つつ砂柱(近距離立強)で下受け身を狩るというのをお試し。

いかんせん、onD強の硬直が長すぎてスタンド消すのが遅くなり普通に下受け身反撃されることが何度か。対空の打点が高ければ機能するが。

もっと余裕があれば本当は砂柱じゃなくさらに前に出て着地の裏から投げとか屈弱重ねとかがやりたいところ。でもやっぱり硬直が長すぎて難しそう。

もっとスタンダードなキャラなら下受け身読みor確認でデムって対空を確定させるのも悪くないんだけども、イギーだと取れるダメージは1割にも満たないのでゲージの無駄感。

犬の小ささは一長一短。相手を空中ガードさせても本体対空→S出現みたいな痛い確定取りもできやしない。



なんてことを考えつつ小一時間ほど対戦。

せっかく来たんだし、まだまだ夜はこれからだぜ!


・・・と、どこからともなくgoさんが。

もう長いこと集中的にがっつり対戦できていないgoさんは、飢えたハイエナのように国松さんのチャカに乱入。

いまいち勘が戻らない様子のgoさんに、ゲーム筐体からフィトンチッドが出ていると信じているK松さんが立ちはだかる。椅子とケツが一体化しているかのように不動の二人、対戦を繰り返す。


僕にできることは、そんな熱い2人の対戦を尻目にずっと座っていることだけです。

座れるゲームセンター、南浦和ビッグワン。

どのくらい座ってたかな?

もう少しで終電なんだけど気のせいかな。



20140420b.jpg
中段と下段の2択で、相手を翻弄し続ける。

20140420a.jpg
ミドラーとDIOの2択で、チャカに挑み続ける。

20140420c.jpg
写真撮るか寝るかの2択で、この日来た意味を自問する。



いやぁ・・・見てるだけでも良いものです。

眠くてあまり見てなかったけど良いんです。


主にチャカ×DIOチャカ×ミドラー

ミドラーはチャカに対して自分から仕掛けられる有効的行動がほとんどなく(ほぼノイズばかり)、見てから対応する術もデム対空ぐらいしか持たないので、発生判定に勝るチャカが触り放題、択り放題、暴れ潰し放題でかなり息苦しさを強いられる組み合わせ。ミドラーとしては我慢を重ねつつ、時には調子づくチャカに対して近距離on屈強(先読み)対空など無理を通したいところ。弱パンだったら終わるけども。

DIOはやっぱりコンボ精度が高くないと相手に全くプレッシャーがかからず、チャカがミスしてもアンラッキーな噛み合いがあっても命拾いまくりでチョロいことに。息さえあればどこからでもチャンスを作れるのがチャカなので、それに比べて少ないDIOは、そのデカい図体を上手に制御しつつここぞという時をモノにしないと厳しく、守ると決めたチャカにはナイフも大した脅威ではない。逆に、隙を刺すためのダッシュとコンボの入力精度が高ければ、チャカは本体D攻→S出さえ気軽に取れる行動ではなくなる。被弾=大ダメージで体力負けの局面が増えれば、DIOの受け身やジャンプについつい手を出したくなり、そこでようやくナイフが活きる。

なかなか難しい組み合わせ。


そんなこんなで、帰る前に少しgoさんとやって本日はお疲れ様でした。


行ってきます!
posted by sq at 14:00| Comment(2) | 日記

2013年04月15日

花粉症、治まったようです


春っていいですね!


アニメジョジョの流れで(?)アニメ進撃の巨人も見ています。

原作は以前に4巻ぐらいまでは読んだものの、登場人物がやたら多いのに絵がアレで誰が誰だかよくわからない上にあのシーンもこのシーンも絵がもう少し良ければさぞかしグッとくるだろうに的雑念で集中できず、やがてカーズは考えるのをやめ僕は買うのをやめたわけです。

が、そんな諸問題を見事解決してくれるアニメ化。

20140415.jpg

この勢いで原作を見返してみるも、やっぱりキャラの名前と顔が一致せず少し読んでは戻り読んでは戻りやがてカーズは

でも5巻買って読んだらちょっと上手くなってたので良かったです(小学生風感想)



今週のビッグワンジョジョ。

集中力を欠いていたのでデータ取るような対戦できず。
適当なキャラ乱雑に使ってはぐはぐ。

また2キャラメインぐらいに絞って色々考えていく期間を取らなければ。


というかほぼ格ゲーしかないゲーセンが人でぱんぱんになっているんですが、ここは一体いつの時代なのか。
posted by sq at 22:36| Comment(0) | 日記

2013年04月10日

日曜、凄まじい風のなかビッグワンへ。

南浦和までは風が吹くと止まることで有名な武蔵野線を利用しなければならないが、今回その点についてあまり心配はしていなかった。

なぜなら最近『武蔵野線よくするプロジェクト』が発足されたから。


20130409.jpg


「あなたの思いに、もっと。」


お客様のニーズに応え本数を増やし、強風に対する防風柵も設置されている。

武蔵野線は今や世界最強路線に進化したのだ。

なんと頼もしい。

これからは武蔵野線の時代だ。


などと考えながら駅ホームにたたずみ、既に20分が経過している。


「風速が一定に達したため運転を見合わせています。」とかアナウンスされてる気がするけど、きっと幻聴だろう。

後ろに並んでるおばさんが「あらぁ」とか言ってるけど、気のせいだな。

武蔵野線は今や世界最強路線に進化したのだ。


30分近く経ってようやく乗車。

・・・・こんなこともある。千年に一度こんなこともある。


だって、乗り心地はこんなに快適。

北朝霞-西浦和間の、周りに建物一つない牧歌的な風景が目に楽しい。

とろりとした昼下がり、まるで電車も景観を楽しむようにゆっくり走っているかのようだ。


実際ゆっくり進んでる気がするのは、きっと幻覚だろう。

メリーゴーラウンドと同じくらいの速度に感じるけど、おそらく心理的な作用だな。

強風のため徐行・・・なんかするわけがない。

武蔵野線は今や世界最強路線に進化したのだ。


結果的に予想到着時刻から30分以上遅れたけど、こんなこともある。


お客様のために、もっと。

一体もっと何なのか、わかる日がきっとくる。



イギーvsチャカ

最近よくやる組み合わせ。自分イギー。

自分がチャカでイギーとやる時は、とにかく低空ダッシュ攻撃と歩き投げを貰わないよう気をつけつつ、イギーが嫌がりそうな飛び込みタイミングなどを探す。
地上においては特に判定範囲が鍵となり、本体イギーに空振りせず、なおかつ垂直や低空ジャンプ防止にもなるonD強が頼もしい。その際注意したいのは砂かけ被弾。

というわけで、イギー使用時もチャカが何を考えているかこの辺のことも材料に考慮。

『低空ダッシュ被弾を防ぐため、遠めの近距離〜中距離では立ちガード1択、当て投げ歩き投げには弱ボタンで反応』という相手の基本思考をどう裏切っていくか。

イギーのまともな下段はスタコン屈弱>屈弱とon(D)屈強の二つ。

屈弱>屈弱は2段目のリーチが長い。ちょっとしたくすぐり感覚。
発生が遅いがダメージなら(D)屈強。と、こんなのもたまに混ぜる。

低空ダッシュ攻撃をガードもしくはアドバされたあとは、チャカ側が(当て投げ防止及び再度の低空ダッシュ防止などの意味で)立弱で暴れることがある。

なので、その暴れ潰しとして着地からすぐD攻撃を出してみたり。今のところヒットガード問わず後ろワープしているが、ヒット時には確認してサンドウェーブに繋いでダメージupを図ってもいいかも。onワープ出現時の1フレの隙に反撃されないためにも、画面中央より手前のほうで取るべき行動ではナシ。


あんまり計算してどこで狙うということもないが、本体屈中ヒット確認サンドウェーブが決まるとそのラウンドがグっと楽に。


対空問題。

チャカの飛びには垂直ジャンプで砂玉撒きつつ落下攻撃してれば良い・・・とも言えず、やや上から乗っかられたり横に強い本体J強で隙間を突っつかれたり打点の高い地上攻撃に引っかかったりすることも。

第一、対空というよりチャカ側のだいたいの行動に対してのローリスクローリターンな牽制という意味合いが強い。


最近使っているのがonD強対空

中距離でバックダッシュしてみてチャカのジャンプと噛み合ったら強ボタン。遠距離から前ダッシュして以下同文。ジャンプ防止に振ってみたりも(後ろワープとセットで)

チャカのJ攻撃との相性としては、一方的に勝つことが見込める上で悪くても相打ちが取れるという感じ。

20130409b.jpg


このonD強という技を使うようになってイギーというキャラがまた少し変わった実感あり。

もともと死に技救済目的で色々なキャラ相手に試していたが、チャカ戦では必須技に。



他いろいろ。

─────この日来る予定だったハンターくんが結局来れなかったのは残念だったものの、
総計6人のプレイヤーが。

喜ばしいことです。



ちなみに晩飯は400円のワカメスープ一杯で済ませたのですが、これがラーメンと同じ器で大量に出てきて味もラーメンのスープと同じくらい濃いという完全なる罠。

小銭がなかったのでK松さんにひとまず立て替えてもらうも返し忘れてしまい、その日の深夜同氏から取り立てメールが届いた上に金額を上乗せされるという悲しい追い討ち。


ああ・・・。



ロートルアケ勢SCLとHD参入勢マルコさんが宇都宮セガワールドで対戦。

その様子はコメ欄参照。


同じくHD参入勢ボムさんとビッグワンで対戦した時もそうだったけども、アケ勢とHD勢の出会いというのは感慨深いものです。


マルコさんは一緒に行った栃木の暴れん坊ことゼットン氏に頼んで携帯でSCLとの対戦を撮ったようで、それも見せてもらいました。

アヌポルにかろうじて勝っている対戦と、一発GCや固めを使うラバソにくちゃくちゃにされている対戦の二つ。対アヌポルは、レバーに慣れてないことによる反確躊躇やコンボミスが響いてるのが大きい感。


ロードローラー暴発にココナッツで反撃されるDIO様。

20130409c.jpg

冗談でブログにアップしますと言ったら全力で却下されました。



ちなみに、来店したSCLに『さっさと殺された完全なる初心者さん』は、前述のゼットン氏。

遺産はやっていないもののジョジョ好きらしいその彼は

「(`・ω・)おれ、ストーリーモードやるんだっ!!」

と意気込んでコインを入れた直後にSCLに乱入され、マルコさん曰く今まで見たこともないような悲しそうな顔になって儚く散っていったそうです。


頑張れ、若者達!
posted by sq at 01:03| Comment(4) | ジョジョ関連記

2013年04月06日

TVアニメジョジョ最終話

いやぁスゴかったですね。


ジョセフによって溶岩に落とされるも、泡のプロテクターをまとってその危機を脱したカーズ様。

20130406a.jpg

色付きで見るその御姿の、予想上回るはに丸くん感たるや。


赤石を翳してからの岩盤吹っ飛び→手がささってウギャア→宇宙へのくだりは、荒木先生が後に語る「早く第3部に行きたくてしょうがなかった」との言葉に集約されるかのような不自然な急ぎ足っぷりで、改めて原作を見ると正直滑稽さすら覚えるものの・・・


20130406b.jpg

それを作画はもとよりBGMの熱さなどで補完する演出には脱帽。僕のような昔ながらの王道ジャンプっ子の琴線をかき鳴らしてやまないわけです。


いや、素晴らしいアニメでした。



そして!


20130406c.jpg


第3部アニメ化実現濃厚!!


20130406d.jpg


ゴリラキャストじゃない3部が見られる!!

遺産プレイヤーが10万人増える!!(本当に!?)




ジョジョの勢いはまだまだ止まらなさそうです。


あれ、実写化の話は・・・?
posted by sq at 20:01| Comment(7) | ジョジョ関連記