2013年04月23日

そして土曜


1P側
20130423a.jpg

2P側
20130423b.jpg




・・・うん?



というわけで、同じメンツ3人。


早い時間帯にgoさんとタイマン。

ラバソを使うも、「はいきた」と狙ったタイミングでさせた複数段攻撃にGCが出ないしょうもなさ。

デーボを使えばプロペラカッターも低空も出ず、相手の攻撃に本体アドバ→on立弱で何度反撃しても痛い思いをさせることができない。

恐らく手の疲れか何かでレバーの入るタイミングが普段より数フレ遅れていたと思うので、こういう時はそれを考慮してボタンを若干遅めに押したほうが良いのかも。キャンセルタイミングや諸動作が遅れても、暴発や不発よりは幾分マシ。



やがて国松さんが来て、goさん対K松さん、前夜の続き。僕は寝る見る。


チャカ×イギーが主。

前夜はK松チャカにくちゃくちゃにされていたgoさん、よく寝たのか落ち着いた立ち回りに。

中距離でのチャカの前後垂直飛び(前回やられて萎えていた行動)を無視して、前に飛んできたところにon立中スタンドoff→屈中>砂波で対空取ったり。個人的にイギーon立中はちょっと振るのが怖いものの、goさん的にはリーチと打点をギリギリまで使い、チャカが本体J強を出してくるような間合いで振っていた感じなのかも。

K松さんは、受け気味の犬相手にジャンプ多目で立ち回っても意味がないのでその辺を途中から少しずつ修正。前に飛ぶときはしっかり当てるつもりで。


勝ったり負けたりのネッセンが3時間ほど繰り広げられていました。


僕も最後チャカでちょっとg犬と対戦。

K松さんは低空に本体屈強を合わせに行くことが多いものの、僕の場合もっとライトに本体立弱反応→J強→お手玉

お手玉に関しては・・・イギー的にはお手玉を拒否したり追っかけへの反撃を狙う意味で各種受け身から空中浮遊するのが常。そこでこちらとしてはなるべく浮遊の裏を取るような瞬間的な位置換えを意識するのはもちろん、前方や目前で浮遊され砂玉を撒かれたりする時も何かしら手を出すように心がけ。意外と砂玉の隙間から通常技が通ったり、砂玉と相打ちになることも。

砂玉を食らった時のヒット硬直は短いので、相打ち時は犬側へ追撃できることも。

イギーはとにかく発生判定が貧弱なので、一度触ったらジャンプ防止も兼ねるイヤな打点でゴリ押したりディレイを掛けながら有利フレームの続く限り突っついていくのが特に効果的。

低空も投げもそうそう通らないので、イギー側の苦労と比べて凄く楽。


どちら側としてもさらに煮詰めていきたいところ。
posted by sq at 21:20| Comment(2) | ジョジョ関連記