2013年05月10日

2013年4月29日 ジョジョの奇妙な冒険未来への遺産 対戦会02

2013年4月29日 ジョジョの奇妙な冒険未来への遺産 対戦会02



チャカ×ミドラー
0:40〜0:50
2段ジャンプのないキャラに対し浮かしたあとにデムるというのは(特に画面端付近において)一つの安定行動。2段ジャンプのあるキャラでも、下受け身→J攻撃が多い相手にならそれ一点読みでデムる価値あり。浮かされた側は、イヤな予感がする時は受け身をせずにじらしてみるのがベター。
 ちなみにそのすぐ後のシーン、空中でon状態のミドラーにチャカのon立中が空振りしているのはそういう仕様だからミドラーはonで空中ガードした際、着地まで全身無敵。なので咄嗟にそれが判断できた時は、着地に対して小ジャンプ攻撃で揺さぶるなり近ければ投げにいくなりするのが賢明。

5:41〜5:45
ミドラーがやっちゃったシーン。ミドラーのS出現攻撃は近距離でガードされるとノーアドバから発生の早い技で反撃確定。ここでは太郎は普通にS+弱からマッハオラ2段目でクラッシュ、追撃お手玉からの流れ次第で勝ちさえ見えるところ。焦ったのかうっかりJ攻撃が暴発しています。



承太郎×カーン
onマッハオラ繋ぎミスへは、前動画の記事で述べたように2段目にアドバして、ここでは残骸斬かD屈弱から一太刀辺りが反撃として適切。

7:37〜7:42
承太郎はカーンの投げに対し、地上受け身キャンセルスタブレで反撃が確定。受け身タイミングさえしっかりしていれば画面中央でも確定。タイミングよく攻撃ボタン3つ(2つでもいいけど)同時押しでスタブレを入力すれば、勝手に地上受け身キャンセルでスタブレが出る。



承太郎×邪ディオ
17:42〜17:44
遠めから飛んできた邪ディオに対してどう動くかは色々考えられるものの、空中Sを出すかどうかの一点に着目するのも一つの手。間合いを微調整などしつつ良い距離で空振りしたら(させたら)、着地に対してリーチのある攻撃や発生の早いD攻撃で確定を取ることが可能。この場合、承太郎なら本体屈強でダウンを取ってフィンガー2択で殺しにいくことも可。
見当違いな高い位置で空中Sを出して空振りするような邪ディオにはそれを見てから反撃すれば良いものの、空中Sを見てからでなく、もし空中Sを出したら確定するというタイミングで技を振るという受け方もアリ。その際に負いかねないリスク(邪ディオが空中Sを出さず、着地してまたすぐジャンプしてきた場合など)をフォローするため、デムでの危機回避意識を持っておけば磐石。
posted by sq at 23:06| Comment(2) | 対戦動画