2013年06月30日

ミドラー色々

昔は本体をメインに車、本体D屈弱/屈強と本体J中を攻めの軸に、たまに超車を出してonにするのは遠距離で槍を出す時か思い切って近距離ショベルを出す時かぐらいだったミドラー。

数少ないミドラー使い用に、あと自分用に少しまとめ。




<対地編>

【本体中ジャンプorダッシュジャンプ→S+中】

判定の強さ云々より、しゃがまれても空振りしない攻撃範囲と長いリーチを本体ジャンプの素早さに乗せて繰り出す。

本体で始動するジャンプはON始動のジャンプより素早く落下も早いため、ジャンプ頂点付近、相手の座高状態によっては頂点前に出してもヒット時に着地コンボ(スタコン)へ繋ぐことが可能。

間合いによって、中ジャンプから出したり少し前ダッシュして出したり、バックダッシュからの中ジャンプで出したり。

特筆すべきはやっぱりリーチ。さらに遠めに当たってもスタコンが届くことが多いのも大きい。
(うっかり最後のノコギリが空振りしたら死ぬので注意)



チャカの本体中ジャンプ攻撃に似た絵面。ミドラーのほうがリーチが長く他のメリットも(後述)


本体で触った後の連携や起き攻めとして、普通に本体小ジャンプ→S+中もそこそこ見切りにくい。投げか下段か当て投げか、とぐるぐる考えている相手に出せば意外とすんなり通ることも。




なんにせよ、ほとんど本体J攻撃だけでやり繰りしていたのは過去の話。

本体J中はめくりが強いが警戒されるとリスクを負い普通に飛び込むと通常対空され易い。
本体J強は色々と個性的で強みもあるがしゃがまれると空振りする。
本体J弱は発生3Fゆえ空対空に強いがリーチがネック。

という、これらの本体J攻撃を状況に応じて使いこなすのと同時に、onJ攻撃にしかない強さを引き出していく。

onミドラーはJ攻撃を出しても着地に硬直が発生しないので(通常は1フレの硬直が発生する)、他のキャラと違ってJ攻撃のタイミングが早すぎたりガードされても着地に弱パンで反確を取られたりする危険がない(暴れなければ)




<地上編>

【on屈中/onD中】

どっちも出る攻撃の見た目は同じ(本体屈強も見た目同じ)

本体屈強と比較するとダウン属性がなく、リーチが若干長く発生が1フレ早く自身の硬直も短い。
どちらも基本は先端付近で突っつくように使用し、場合によってヤリ(ハープーン)をキャンセルで出す。

onD中→ヤリは最速意識でキャンセルするとアイアンワイルド暴発のリスクがあり、かといって遅れ気味にキャンセルするとD中とヤリの間に結構な間があき危険なので、相手のキャラやタイプに合わせてたまに使う程度。

on屈中→ヤリは、あえての遅らせキャンセルなどしなければ現実的なリスクはほぼない。
通常技で割り込まれることもないし、ガード後ジャンプいれっぱなどされてもそのジャンプをヤリで防止できる。
ただし、理論上はon屈中に最速気味アドバ→無敵技やジャンプで割り込むことは可能。
しかし予備モーションもないon屈中に狙って最速アドバ自体がまず困難で、例え最速アドバに成功してもヤリキャンセルの有無を確認するのも難しい。それでも理論上は反確で、完全一点対応されると危険であることは頭に入れておく。


注意事項。

そもそもon屈中/onD中という技自体、間合いが近すぎるとヒットさせても反撃確定(無敵技でキャンセル可ではあるが)。なので先端を使う。
先端を使えばリスクも激減し、距離が離れていれば相手が反撃に使う技もリーチの長いものに限られ、リーチの長い攻撃はだいたい発生も遅めとなるためこれも現実的な問題はほぼなくなる。


見た目は同じでも本体屈強を振り回すだけでなく、判定負けなどを気にしつつもこれらon技も取り入れることで下段の鋭さが増し幅が広がる。相手のジャンプと噛み合った場合はデムで危機回避+対空できると心強いが、隙だらけの本体屈強に比べれば普通にガードが間に合ったりもする。




<対空編>

【デム対空】


on技の可能性が広がりon比率が高くなったことで溜まりやすくなったゲージを超車だけに割いていても非効率的。せっかくゲージを吐くなら手っ取り早く確定も欲しい。

で、デム対空。

そもそもミドラーは通常対空が比較的貧弱。

近距離からのジャンプには打点が高い本体立弱で先にペチっと発生勝ち→S出現で追撃or昇りJ強で空中ガードを狙う。

on屈強での対空はヒットすればJ攻撃の追撃も入ってダメージ的にデカいが、判定が弱すぎるためジャンプ防止として先読み気味で出すか、あるいは受け身狩りなどにおいては打点の高さをいっぱいに使ってなんとか相手のJ攻撃の判定が出る前に当てるしかない。

どちらも適材適所で使わなければいけないが、さておきデム対空。


デム内容は屈強一発を入力し、追撃として本体J強を繋ぐ。

この時、デム屈強の戻りモーションをSボタンでキャンセルすれば迅速に本体J強を出すことができる。つまり、デム暗転後に本体ジャンプしてタイミングを見計らってSボタン→強ボタンとずらし押しする。

これで確実に1割のダメージ。お手玉に繋がることもあるので展開も良い。

ボーっとしてたり受け身タイミングを間違えた相手にはさらに2度目のJ強を入れることも可能で、後ろ受け身などを想定して空中ガードを狙うこともできる。

中〜遠距離からの飛び込みを見てからまともに返す手段として、2段ジャンプなど空中制御不能状態への攻撃手段として、下受け身狩りとしてなど。




対空で狙うもタイミングが遅くてデム屈強が地上ガードされてしまいそうな時は、屈強より発生の早い立弱を入力して立弱>S出現で追撃。
posted by sq at 20:51| Comment(12) | ジョジョ関連記