2013年09月28日

アケでのジョジョは

なんか最近まともにやった記憶がないです。
りょうさんゲストのミカドでもほぼやってないので1ヶ月以上やってないイメージ。

先週末なんかは4名で南浦和へビッグワンに、と思わせておいて北朝霞へジンギスカン食べに行って帰りにミスドに寄って帰るだけという、エンジョイ勢の飲み食い風景。

20130928.jpg

羊食べてドーナツ食べて、おいしかったです。




いや、やらないとジョジョ。

ヘラヘラしてる場合じゃないんですよ。ドーナツを前に極上の笑顔見せてる場合じゃないんですよ!


対戦相手として、矢吹丈あるいは力石徹のようなハングリーなプレイヤーが求まれる。

もう、顔が似てるだけでもいいです(よくない)




リアルタイム型タンデムの暗転中にレバーを入力すると、デム終了直後数フレの間その入力が残っている、というネタがあるのですが。

例えば、チャカで「立強>デム>(暗転中にレバー236)>デム適当>S」とすると、SボタンだけなのにS出現攻撃が出ます。


まぁ、意味ないです。


ジョセフでこれを利用すると、画面端でデム策士からリサリサに繋ぐのが簡単でカッコいいけど減らない、とかそのぐらい。




しかしこのレバーの入力が残るという性質を、陰湿な犯罪者のような発想であくどく利用できないものか考えてみた結果────暗転中レバー623を入力しておきつつデムを中途半端なところで止めて、相手の小足を誘ってガード+ボタン一つで仕込みGCを出すのはどうか、と。


コンボ食らってる間ずっと弱ボタン押してる系男子とかよくいるので、チャカで仕込めばGCからもう一度コンボとかこの方法なら簡単でなかなか屈辱的ではないですか。

と思ってHDトレモで試したけど全然成功しないのは精密度の低いパッドの荒い入力のせいなのかこの方法ではGCは出ないのか、そもそも仕込みGCがしたいならこんな風にバグ分割しなくても普通にry


謎は深まるばかりである。


ドリキャスでコマコン使えばすぐわかるので、溜まってる調べ物をそのうちに。

もう起動がめんどくさいのなんのって。
posted by sq at 00:14| Comment(5) | ジョジョ関連記

2013年09月26日

ホルホース戦心得

の一部。

「弱キャラだから」は何の役にも立たず、回り込みを投げればと言ってもそれで万事解決すれば苦労ないでしょう。近づき方であるとか、プレッシャーのかけかたであるとかその辺は置いといて、ここではホルホースの3つの行動に絞って考えてみます。

・通常技→S(エンペラー)
・通常技→ハングドマン
・昇りJ強→空中ガラス


の3つ。

この辺の行動に誤魔化されていると、動けるホルホースにはなかなか勝てないのです。

ので、誤魔化されないために意識して準備しないとダメです。




まず誤魔化されている例をざっと見ましょう。




相手のDIOはHD勢の中でもポテンシャルの高いmarukoさんですが、ホル経験が少ない+めちゃくちゃな暴れぶっぱガン攻めもしないことにより、見事なサンプルを提供してくれています




では、対応の一例。

それぞれ切り離して個別に考えれば誰でもわかる通り、通常技→SはSの発生が遅いので割り込めばいいし、ハングドは落ち着いてガードすればいい。

しかし色んな行動に混ぜられると動いてはいけないところで動いてハジキ被弾してしまったり、焦ってゲージを無駄にしてしまったり。かといってお手つきを恐れすぎると反応が遅れて反撃ポイントを見逃してしまったり。

なら例えば、意識を段階的に構えます。


ホルの小足に触られたり食らったりした時、レバーは屈ガードに入れつつSが来るかどうかをまず意識。ホルのモーションをガン見して、もし来たらダッシュ攻撃やゲージ技で反撃。

Sでなくハングドが来たら、当然勝手にガードできるのですぐにアドバ。ここでアドバしないとその場から動けず、上の動画でちょいちょいやらかしているように地上ガラスと下段を合わされたりするので注意。


ハングドをアドバした後もホルを見て、直後に地上ガラスやSを撃ってきたらダッシュ攻撃で反撃が理想。そのように画面を見て判断するのがしんどい時は、とりあえずハングドアドバ後にすぐバックジャンプすればガラス+下段やその他の行動をだいたい無力化できるので、とにかくジっとしてるよりはバックジャンプ。



という、連携を食らったあとまずSが来るかどうか、ハングドが来たらアドバしてその直後はどうか、という段階的に絞った構え。特にSは相手によって頻度が全く違うどころか使わないプレイヤーもいるので、しっかりデータを取りましょう。弱→中→直接地上ガラスという行動を多く取る相手なら、Sのモーションよりガラスのモーションに注意したり、と。

全てをどうにかしようと思う必要はないし無理があるので、とにかくホルホースのティピカルな行動に対処するための基本的なシステムが自分の中にできていることがまず大事。




次、『昇りJ強→空中ガラス』に関して。

座高が高い状態の相手でないと昇りJ強が当たらないので、ホルがこれを狙ってくる状況は例えばonモードでいる相手に奇襲的に、あるいはonでハングドをガードした相手に崩しの手段として。

20130926a.jpg


昇りJ強を食らってしまうかガードできるかはどうでも良く、その後の空中ガラスに対して何もせずに固まってしまうと着地したホルの下段とガラス(中段)が合わさってガードを崩されることに。

なのでガラスにビビらず反撃を。以前空中ガラスに対する各キャラでの反撃方法を動画にもしましたが、理想的なのはワンアクションで済む反撃方法、もしくは単発スパコン。

※その場から動いて反撃する場合はダッシュ移動が必須。ガラスはレバー前でも後ろでもガード可能な技なので、前に歩こうとしてもガードモーションが優先されて動けません。


DIOなら昇りJ強を食らうかガードするかしたなら反応で立強を出せばタイミングが遅れない限りほぼ100%(ガラスが降ってくる前に)蹴り落せます。対空後はホルが圧倒的不利なのでそこをどうするかも考えるとなお良し。

20130926b.jpg




以上のことを踏まえて一番上の動画をもう一度見てみれば、どこでどうすべきか、どうすべきでないのかがわかります。

自分の持ちキャラでは各場面何ができそうか、脳内とHDレコーディング機能でレッツトライ。ただし意識を鋭く一点に構えて超反応する必要があるようなシビアな対応策は実戦には不向きです。文字通り、基本的には。

無理しなくて良いんです。地上ガラスは最低でもバックジャンプで拒否って、無駄に動いてハングド食らったりしなければホル側においしいチャンスはほとんどないので。




・・・ついでにひとつ余計なことまで言及すると、ここのナイフヒット直後のホルの受け身→空中ガラスに反撃しようとして上手くいってない場面。

DIOの狙いは、ホルの落下の裏を取って対空or着地硬直への反撃。

でも結局自分からガラスに当たりに行ってこぉのDIOがぁぁぁ状態になっちゃってます。

空中にいるキャラが方向転換するのは、空中必殺技を出した時と、2段ジャンプした時、です(一部例外あり)

それぞれその瞬間、地上にいる相手の方へ振り向くようになってます(空中必殺技はキャラが向き直るのはもちろん、技自体相手の方へ向かって出る)

なので受け身から空中ガラスを撃って来ると読んだ場合は、ガラスを(音などで)確認してから逆側に回ればOK。

受け身では方向転換しないので混同注意。
posted by sq at 04:51| Comment(5) | ジョジョ関連記

2013年09月20日

JOJOVELLER

本日なんか配達されてきて、「2万円」って言われたので払いました。

ひどい話だッ!



・・・いや、予約してたの忘れてました。ジョジョベラー。


荒木飛呂彦による漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の、25周年記念画集。
「画集」と別冊の「STANDBOOK」「HISTORYBOOK」の三冊で構成。
50日間限定で予約受付されている限定版では、上記に加えBOXとジョジョ展の模様、イラスト制作の現場密着という二枚のBru-ray Discが付属する。



5部か6部連載中に出た『JOJO A-GO! GO!』の第2弾みたいなの。



でっかい。


jv01.jpg


2万円という、予約していたとはいえ一瞬しぶい顔になってしまう価格設定も宜なるかな。

ということで、僕なりの販促記事を書こうと思います。




まずは画集をぱらぱらとめくる。

ああ、今の絵で描くと昔のキャラはこうか、そうだこんな絵もあったなぁ、うおージャイロかっこいい、など様々な感情を刺激され、ディ・モールト美しいイラストのダイナミズムに・・・

と、そういうのとは別の意味で手が止まることもしばしば。


例えばほら、歴代ジョジョがポーズを決めるイラストなんかでもよく見ると

jv02.jpg



知らない人が2人まざってる。

jv03.jpg



昔の絵が描けないと言っても、いくらなんでもこれはないのではないか。

ジョナサンとジョセフが都合悪くて来られなかったから急遽そっくりさん(かなり似てない)で間に合わせたようなこれは。ジョニィも「えっ?」って顔してるし。

とくにジョナサンは怒っていい。



jv06.jpg




うおおおおおおお!(泣)









・・・僕、柱の男も全員好きなんですけど。

ちょっと軽く見られがちなエシディシも独特の不気味さがいい。

jv04.jpg

でも、こういう不気味さじゃない。僕が言ってるのは。








一方、男くさくてセクシーで強く美しかったDIO様は


jv05.jpg


うそだ!!








・・・・。

という具合でしたが、なんのなんの。今の絵で今連載中のジョジョリオンがハイパー面白いからいいんです。付属の特典映像でも、昔のキャラを描いてって言われるのはしんどい(今描いてる定助が一番好き)とおっしゃっていた。それでも描くのはキャラへの感謝の気持ちだと。




ヒストリーブックはとりあえず初代担当氏と先生の対談だけ読む。

担当さんが、3部DIOの顔を最初からはっきり描いてないのは、ラスボスのキャラを明確にして喋らせすぎると長い旅の途中で襲ってくる敵とのバトルがただの前哨戦にしか見えなくなるからみたいな理屈を説明していて目からうろこ。

読み応えあり。

ビーティーの新作が示唆されているのも嬉しい。





スタンドブックは荒木先生の一言解説をひたすら見ていく。

途中、荒木作品でネコが往々にしてひどい目に遭いがちな理由も明かされていました。


様々な種類、膨大な数のスタンドが載っていますが、僕が最近のもので好きなのはやっぱり
カリフォルニア・キング・ベッドちゃん。


jv07.jpg

殴れますか?このスタンド。この愛嬌、ずっと見ていたい。


先生のコメントを見ると

jv08.jpg


なるほど。女の子だからスタンドもかわいく。

そういえばヒロイン康穂ちゃんのペイズリー・パークも、本体と同じ髪型なのがとてもかわいい。


もう一人の女性スタンド使い、虹村さんだって




jv09.jpg



あっ。








でも大丈夫。

目立ちませんが、実はバイクの前輪にかわいいお花さんがデザインされているんですから。


jv10.gif


これは逆に不気味という意見もあるかもしれないですが、大丈夫。




全然大丈夫な、楽しいことばかりのJOJOVELLER!!

買いましょう!!(雑)
posted by sq at 02:10| Comment(5) | 日記

2013年09月18日

自分としてはまぁまぁ満足

と評したASB、それだけになのかそれにしてはなのか、何だかんだで総プレイ時間が70時間を超えています。そのほとんどはキャンペ

ジョジョ勢の威信にかけて、当然ランクマは無敗伝説を築いています。20戦しかやっ



空中で攻撃出しても着地硬直中にガードができるようになったことが格ゲーマー(?)をぶりぶりさせているらしいですが、確かに硬直をガードでキャンセル可能ではあるものの、どうやら着地の瞬間、打点が低くない攻撃ならちゃんと確定取れるようです。

詳しく調べてませんがたぶん着地の数フレ前から瞬間にかけてキャラの下半身辺りに無敵がついてるので、打点の低い攻撃だと着地にガードされるされない以前に重ならないからかくかくしかじかうまうまくまくま全然わかりません。


とにかく空中技の裏を取ったりくぐったりで着地確を取りたい時は立弱からコンボ始めると良いんじゃないでしょうか。ビタフレなので難しいですが、最悪空中ヒット狙いで早めを心がけたほうがって誰のための文章なんですかねこれは。


普通に楽しめるので、投げダメ増加と一度ガード入れてからの直ガ不能フレームをしっかり設けるぐらいの調整でもうイイと思います。余計なことしないほうがいいと思います。


そして昔遺産やってたDAMさんと同一と思われる人がASBで特殊なコンボ開発していて胸が熱い。



その遺産ではHDでhgin555ことgoさんが復活しているのでロビーで見かけたら乱入しましょう。

ラグいもっさり動けないと常時半ギレなため、またいつやめるかわかりません。
posted by sq at 22:29| Comment(4) | 日記

2013年09月10日

ASBが

あっぷでーとされました。

ジャンプ移行フレームだけ修正したところで、それはそれで見えない昇り中段とか凶悪な起き攻めゲーになるかも。でも直ガあるしそれは大丈夫かな?

と思っていたところ、ジャンプ後しばらく攻撃が出せないという仕様にすることで無理やりな解決を図ってきました。

起き攻めに関しては投げの地位が向上したのはもちろん、地上攻撃で2択ができるキャラが相対的にパワーアップしたんですかね。本体ジャンプから着地寸前に出した攻撃の判定が残るキャラも、それと下段で2択がかけられるようになったのかな。

直ガ大事なのは変わらず。


着地硬直も増えてる様子。

しかし昇り攻撃廃止・永久防止の仕様変更によって、基本コンボにおいて煽りを食うキャラが出ているようで。



「アイデアとは複数の問題を同時に解決することだ」

と、任天堂の偉い人が言っていました。
posted by sq at 23:33| Comment(0) | 日記