2013年12月02日

分配AVケーブルを買って

動画の取り込みがだいぶ楽になったので、そろそろ簡単な反確動画くらい置き始めようかと思います(ホントに?)




土曜、久々にMさんがやってくるのに合わせて集合。

SQ国松opi。たまに断仇牙勢のボムくん。


国松チャカは先週のストレスを発散するかのように、最年少なのに老けた立ち回りのしっかりMポル、荒削りながら成長株opiポル相手にわっしゃわっしゃしてました。

opiさんは以前よりだいぶポルが板についてきているものの、まだ対空後の下受身狩りを放棄していたりお手玉への準備ができていない所が目立ったかも。ポルの重要なダメージ源なので大事。

受身狩り繋がりとして・・・本体立弱での対空のあと追撃として出す昇りonJ強も、あわよくば連続ヒットを狙うように最速タイミングで出すだけでなく、それよりすこし遅らせて出すことで空中ガードを狙うのも良いです。そこからD強>ブラボーで4割。


(レコーディング機能サマのおかげで楽チン!)


ダメージ源といえばコンボも。

SSがあまり美味しくないタイミングや間合いでヒットした時、無難に繋がる範囲で完走させずに再度のSSに依存してしまう癖が。当たると大きいですが、やはり不確定は不確定。
確実にまとまったダメージを取れる時に取っておくのを基本と考えたいところ。スタコンレイダ〆でもいいし、S出現〆でも。


応援しています٩( 'ω' )و




と、だいたいポルチャカを眺めていたり、間にDIOとかラバソ使ったり。
メシ食った後も対戦で、先週に続きアホほどやりました。


終盤、ちょっと荒れ気味に。


ビビりデムのヒットや何となく偽リバデムのヒットというものは、要は相手の偶然の手出しあるいは重ねミスありき、それに加えての光返しミスありきで通る行動、とこう書けば、(一度見せる意味や駆け引きの一部として時折ならむしろアリでも)そればかりではなんだか本質から外れていることがわかるのではと。

確定状況や見てから危機回避ではなく、単純なミスに期待した湯水の如きデム使用ならばということで、あえて僕もDIOでヒット未確認デム崩しをチンパンのように繰り返して応答したんですが、ただ僕が急にあらぶり始めた思われてしまったようでなかなか画面越しの対話というのは難しいというか、
昭和のちゃぶ台返しオヤジみたいな伝え方をする僕もどうなのか。涅槃は遠い・・・。


でもまぁ、好きだから熱くなるんですよねぇ。
posted by sq at 00:12| Comment(21) | ジョジョ関連記