2011年12月07日

ON(=遠隔)デーボに関するあれこれその1

デーボはスタンドモード=遠隔モードである。

遠隔モード状態で本体が攻撃を食らうと、通常の2倍弱のダメージを受けることになる。
それはデーボのみならず、ポルカキョアヴの遠隔モードも同様。

ダメージの他にスタンドゲージの減少値も大幅に変わってくるが、ここに少々クセがある。

どういったことか、百聞は一見に如かず。


20111026a.jpg

これは、遠隔状態のスタンド(人形)と本体(デーボ)それぞれに、チャカの本体立弱を当てた場合の比較。ダメージに関しては、先述の通り遠隔本体に当てた時は約2倍になっているのがわかる。

スタンドゲージに関してはどうだろうか?
人形へ攻撃した時の減少値と比べ、本体への攻撃時はその約3倍減っている。

そして

20111026b.jpg

今度はチャカのON立弱を当てている。
ダメージはやはり、人形攻撃時より遠隔本体攻撃時のほうが約2倍多く減っているが、
それに比べてスタンドゲージの減少値は約3倍どころか10倍以上の変化が見て取れる。


つまり、遠隔デーボ本体に対してスタンド不使用の技を当てた場合は人形と比べ約3倍
スタンドを使用した技を当てた場合は約12倍のスタンドゲージを削ることができる。



20111026c.jpg

S出現攻撃もスタンド使用技なので、やはり遠隔本体へは約12倍スタンドゲージを削る。何せ12倍なので、スタンドゲージ削り値がほんの少し上がるだけでも結果に雲泥の差が出る。先程のON立弱と、上のS出現攻撃を比べて見ればその差が明白。

さらにスタンドゲージ削り値(減少値)の大きい技になると

20111026d.jpg

遠隔本体へ攻撃した際には、一発でスタンドクラッシュさせることが可能になる。
これが、遠隔デーボ本体に対する一発クラッシュである。

遠隔デーボ本体を攻撃する時(攻撃するチャンスが生まれた時)には、このような一発クラッシュさせられる技を当てて人形をすぐに無力化させないと色々と不都合が生じてしまう。

20111026e.jpg

このように、本体を攻撃している間に人形からの攻撃を受けてしまったり。
例え人形が遠くにいる場合でも、タンデムなどの無敵技で回避や反撃をされてしまう危険がある。


そんなわけで、一発クラッシュの概念はデーボ戦で大いに重要になってくる。
スタンドゲージMAXからでも一気にクラッシュさせることが可能な技は、デーボ対策として絶対に覚えておかなくてはならない。最低でも2発目でクラッシュさせなければ危ない。

どんな技で一発クラッシュ可能かと言うと、まぁ通常のスタンドモードの相手にそこそこ多めに削る技なら、だいたい一発でクラッシュ可。

自キャラに関しては、家庭用やCPU戦で調べておくと良いかも。例えばON承太郎のD屈攻撃はスタンドゲージを一切削れない、など普段忘れがちな落とし穴もある。中には一発クラッシュがほぼ不可能なキャラもいて、そういうキャラは人形無力化のために投げを使ったりする必要があるし、攻撃よりもおとなしく窮地を脱する逃げの行動を優先せざるを得ない場合も。


・・・というわけで、遠隔デーボのスタンドゲージ減少値云々に関しては以上だが、
最後に余計なことをもう一つ。

上で見た本体立弱とON立弱をもう一度見比べてみよう。

20111026a.jpg

20111026b.jpg

ちょっとおかしなことにお気づきだろうか。
それぞれの人形への攻撃を見比べてみると、ON立弱よりも本体立弱のほうがスタンドゲージ削り値が高い

これはつまり、遠隔モードのスタンドが相手のスタンド不使用攻撃を受けた場合は通常より多くスタンドゲージを削られ、逆にスタンド使用攻撃を受けた場合は通常よりも削られ値が小さいということ。

遠隔モードと普通のスタンドモードの二つを併せ持ったキャラ(ポルカキョアヴ)で色々試してみるとわかり易いはず。


そろそろわけわけんねぇからもうやめてくれと書いてる僕自身も思うので、マニアックな知識を深めたい人は自分なりに要点をまとめて覚えておくと良いでしょう。


次回は、遠隔デーボ本体への攻撃でスタンドクラッシュさせた後について。
posted by sq at 00:31| Comment(4) | ジョジョ関連記
この記事へのコメント
DIOの@D攻撃Aムダァッ!という連携ですが
アドバで硬直を無くし
@とAの間にスパコン、デム、2F技で割り込むことはできるのでしょうか
また同じようにアドバで
承太郎のD攻撃とマッハオラの間に
上記の技で割り込むことは可能でしょうか
Posted by at 2011年12月08日 11:42
アドバは硬直を16フレーム程に均一化するものですが、さておきまして。

DIOの「D攻→ムダ」に対してですが、ムダのキャンセルが最速意識だとして、アドバからスパコン・デム・通常技それぞれで割り込むのは実質的には不可能に近いです。
特にD屈弱→弱ムダなどに対しては物理的に不可能です。

DIOの通常技が何か、ムダのボタンが弱中強どれかでも違ってきまして、例えばON承太郎なら「D強→強ムダ」などに対しては文字通りの最速アドバ→最速立弱などで割り込むことは理論上は可能です。

が、猶予がほとんどなく人間業とは言い難い上、最速アドバに失敗すれば通常技や回り込みが暴発するので、空理空論の類だと思って間違いないでしょう。

承太郎のマッハオラに関しても似たような感じです。
Posted by sq at 2011年12月08日 22:11
ありがとうございます
割り込みは無理めのようですね

アドバは硬直を16フレームにするんですね
ということは
もしガード硬直が16フレーム未満の技にアドバした場合
通常ガードよりアドバの方が硬直が大きくなるのでしょうか
Posted by at 2011年12月08日 23:20
そういうことになります。
例えばチャカの血華斬なんかはガード硬直が極端に短いので、ノーアドバのほうが早く動けますね。
実際は遠くへの通過防止のためにアドバして反撃することが多いですが。

通常技の中にもアドバのほうが硬直が長くなるもの、どちらでも大差ないものなど様々ありますが、アドバするかしないかは硬直時間だけでなく押し返しの有無など色々関係してくるので、反撃目的にしろ有利状況作りにしろ、ケースバイケースと言った感じですね。
Posted by sq at 2011年12月09日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: