2011年12月09日

ON(=遠隔)デーボに関するあれこれその2

遠隔デーボ本体が攻撃を受けてスタンドクラッシュすると、スタンド(人形)はその場で吹っ飛んでダウンし、本体モードに強制移行することになる。

人形がダウンして完全に地面に寝そべるまでの間、デーボ本体はガードすることも技を出すこともできない無防備な状態となる
(本体攻撃やジャンプ、回り込みなどは可能)

具体的にどれ程の時間無防備なのかだが、それは人形の吹っ飛び具合による。
そして、どれだけ吹っ飛ぶかは、クラッシュ時に当てた技に依存する。

つまり各技によって異なるが、基本的に弱攻撃などでクラッシュさせてもほとんど吹っ飛ばないので、それだけデーボ本体の無防備時間も短い。

20111209.jpg

↑上がDIOのON立中、下がON屈弱でクラッシュさせた場合。吹っ飛び頂点に大きな差がある。
(ちなみにON立中の場合はおよそ80〜90フレーム程の無防備状態を作り出せる)


何にせよ、この無防備の隙をついて追撃したり、本来繋がらない連携を当てに行ったりできる。
様々な状況が考えられるが、例えば

20111209b.jpg
このように、DIOのS出現攻撃でスタンドクラッシュさせた場合。

20111209c.jpg
続けて立中を出す。
本来これは繋がらないが、デーボはガード不可状態なのでほとんど確定と見て良い。

20111209d.jpg
素早く回り込みをすれば避けることはできるが

20111209e.jpg
回り込み直後も無防備状態が続いている(人形が完全にダウンしていない)ので、
そこに攻撃を確定させることができる。


という具合。

とにかくクラッシュさせて無防備状態にしたなら、間髪いれずガンガン殴れば良い。
人形がダウンして地面に着いた瞬間ではなく、完全に寝そべって数フレ経過するまではまだ無防備状態が続いている。自分のキャラの一発クラッシュ技と、それを当てた直後に取るべき行動は事前に考えておくといざという時に頼もしい。


ちなみに、スタンドクラッシュの時点で人形が空中にいた場合は、その位置から吹っ飛んで落下することになるので通常よりも落下に時間がかかり、それだけ無防備時間も長くなる。

20111209f.jpg

あまり頻繁にあるような状況ではないが、人形が低空攻撃の入力に失敗して高く飛んだ時や、
中〜遠距離で突然J強を出してきた時など、全くないとも言えない。

さらに状況としては限られるが、そんな人形空中時のクラッシュでなおかつダウン技でクラッシュさせた場合、デーボの起き上がりの瞬間もまだ無防備状態が続いていることが多い。
そんな場合、起き上がりに何か打撃を重ねればそれが確定する。


一連のポイントをまとめた動画




なお、デーボ以外の遠隔モードを持つキャラ(ポルアヴカキョ)も、遠隔本体への攻撃でクラッシュした際に無防備状態が生じる。しかし全体的にデーボよりその時間が短く、クラッシュの際にスタンドが空中にいても無防備時間が長くなったりはしない。デーボと違い回り込みモーションも長いので、クラッシュ後に回り込みをすればとりあえず難を避けることも可能など、何しろデーボとは性質が異なる。
posted by sq at 21:30| Comment(0) | ジョジョ関連記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: