2012年10月09日

ビビりデムはなぜ良くないのか

ビビりデム
【名】
〔明確な意図や目的意識なしに〕怖いという理由で出すプログラム型タンデム




・技を振ってみたはいいものの、悪寒が走ったのでデムでキャンセルした。
・近距離のプレッシャーに耐え切れず、相手の動きに関係なくデムった。



ビビりデム。

僕もたまにやらかします。

でもこれの何が良くないのか?

別にゲージが余ってるならいいんじゃないの?
特に反撃される距離じゃなければ特に不利になるわけでもないし。


いやいや。

結果としてゲージの無駄になるだけならまだ良いのです。

「寒い」「怖い」と思った時に毎度デムっていたのでは、「実際に危ないのか、無敵に頼るほど不利な状況なのかどうかデータが取れない」わけです。

例えば本当に危なかったら刺されるわけで、なら刺されとくべきなんです。

で、学習する。


本当に危険なのはどんな状況か、プレッシャーのかかる近距離でどう動けばいいのか、はたまた動かず相手の何を見るべきかどんな駆け引きが発生するのか、その辺の思考を放棄していることにも。

この技がこの距離で空振りした時、あるいはガードされた時、自分の硬直と相手の持ち技・・・発生、最大火力からどの程度の危険性が考えられるか。

実際に危なくてデムる判断が正しかったとしても、その頻度が多ければそれは
『ゲージフォローが必要な危険な技の出し方が多い』と言えるわけで。


「デムってみた。でも特になんでもなかった」ということが多い・・・と思い当たる人は、この辺のことを考えてみたほうが良いかも。


単発デム自体は決して悪くなく、崩し目的、飛び確認の対空デム、本当に危険な時(判断ミスったことを自覚してる時など)の緊急回避、あえて隙を晒す釣り行動からのカウンター狙い、細かい無敵時間利用など工夫やアイデアで使い方色々。

しかし、あまり考えず危険な技を危険な状況で出してしまって怖いからデムる、という使い方は上達を目指す上で邪魔。


意識すれば一つ、差が付くとこです。
posted by sq at 22:48| Comment(5) | ジョジョ関連記
この記事へのコメント
すごく耳が痛い内容です
ついつい便利で強いので頼ってしまいがちなので・・・
その割に本当に必要な時(記事でいうミスった時)には入れられてないという・・・

あちらにコメを投稿してからこちらに気づいたので
連投になってしまってすみません
Posted by ポルドン at 2012年10月10日 00:21
少なくとも僕との対戦ではそういう印象はなかったですね<頼りがち

むしろこちらが空中(密着や近距離)にいる時に光られることが数回あって、やられた感さえありました。

さらに言うと僕のほうが中距離でよくわからないデムを出して
無理矢理SSデムで崩したりしていたような・・・(苦笑)
Posted by sq at 2012年10月10日 01:21
僕はビビりデムってのはやった事ないですね
ビビりONブレイカーならしょっちゅうやってますがwデムのほうが良かったのかな?って場面もあるような気がするのですが、どうしてもブレイカーが便利で頼ってしまいます
Posted by 弱太郎 at 2012年10月10日 17:31
日曜はピカチュウかってくらいピカピカ光ってしまいました。そんなにかわいいもんじゃあ無いですが(笑)
釣りデムのつもりがどんどんビビりデムに移行していきました。

昨日の松戸ジョジョはこの記事読んでから入れたので、ミドラーD屈弱にデム合わされた時に敢えてガード入れてみたりしたんですよ。
光返ししないのは自分にとっては冒険でしたが、やってみると意外と思い込みと違う結果が出るもので。
距離によってはガードできる事などが分かって収穫でした。

自分がデム依存度の高いプレイヤーだという自覚は一応あるので、我慢しながら治していきたいですね。本当に有効な場面にゲージを残すために。
しかし、ビビりデム打つと心が落ち着く辺り、本当に依存症だなぁと我ながらちょっと心配になります(笑)
Posted by かっきー at 2012年10月10日 20:09
>弱太郎さん
暗転画面中に相手の状態を確認して、確定状況だったなら出し切る・・・という使い方はブレイカーもデムも同じようにできますね。
デムは確定状況でなくともとりあえず出して崩したり長めの無敵を利用したりなど汎用性はブレイカーより優れていますが。


>かっきー
え?なんで光った?

と思うことがやたら多かったものw

まぁ気長に気長に。
対空とかちゃんと使えてる場面もしっかりあるのだし。

あと428面白い。
Posted by sq at 2012年10月10日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: