2014年06月03日

真・タンデム入力法

お久しぶりです。2ヶ月以上ぶりの更新です。

いや、別にツイッターあるからブログはいいやとかじゃないんです。

『理想のタンデム入力法』を求めて全国を行脚していたんですから。各地の美味しいものを食べながら。


そう。立ち回りやキャラ対策と同様、ボタンの押し方だっていつまでも旧習に囚われ墨守しているようでは進化はないのです。


そんなわけで───

タンデムの(弱>中>強)が最大で4セット程度しか入力できずダメージアップが図れない、あるいは上手く押せずに正確性に欠ける、かといってガチャ入力は何だか下品だし一生結婚できそうにない・・・とお困りの諸兄に、僕が香川でうどんを食べてる時に思いついた、とびきりアヴァンギャルドでファンタスティックなタンデム入力法をお教えしましょう。


でもまぁ待ってください。落ち着いてください。興奮しないで。

まずは基本を振り返って、最もスタンダードだと思われるピアノ押し(ピアノ連打)ですが。


tandem1.jpg


弱ボタンを人差し指、中ボタンを中指、強ボタンを薬指で順番にズラし押しするこれ。

(これが3セットすら押せない人はまず格闘ゲームをやるのは厳しいと思われます。事務の仕事とかに専念しましょう)


僕はこのピアノ押しだとアーケードで7セット安定、ちょっと真顔になれば8セット入力も難しくはないものの、弱中強が全て綺麗に認識されるかどうかは不安定。


しかしそこをなんとか8セット安定、さらには9セットの壁を突き破りたい・・・・と考えたとき、必要になってくるのは両手を使うという発想です。


そもそも、右手が必死に頑張っているというのに左手が休んでいて良い道理はありません。

何をのんきにレバーを握っているのか。働け働け!


というわけで、新たな入力法のひとつがこれです。


tandem2.jpg


左手の人差し指が弱ボタンを担当。右手は一つずれて人差し指で中ボタン、中指で強ボタンを。運動量が分散されるので右手の負担が少なくなり、なおかつ薬指を使わないこともあって正確性がグっとあがります。

僕はこれでアーケード8セットがかなり安定しますが、悲しいかなこの入力法はタンデムコマンド後すぐ左手で弱ボタンを押す必要があるため、ワイン持ち系の人には不向き。

なのでワイン派の皆さんには今すぐ宗旨替えをおすすめします。そもそも何であんな持ち方でゲームができるんですか。



そしてもうひとつ。

今度は弱ボタン担当どころか左手を豪快に使ってしまいます。

まず右手の(中指を中心とした)指の腹で弱→中→強ボタンを横にこすり、その右手を追うようにして左手でも同じことをやり、それを繰り返します。


tandem33.jpg


赤い矢印が右手の、青い矢印が左手の軌道。


どうですかこの斬新さ。

アホの坂田が走るが如き、もとい、忍者が手裏剣を投げるが如き華麗な手さばきは、弱中強セットの回数を増やすだけでなく、見るものを惹きつけてやみません。

外国人が見たら確実にニンジャ扱いしてくること請け合い。

エンターテインメント性含め、これぞ前提的かつ理想的なタンデム入力方法と言えるのです。




こんなんで入力できるわけあるかアホ!坂田!

という人のために上記3通りの入力法を順番に実践した動画も用意しましたので、部屋がちらかってることや小指が心配な方向に曲がっていることは気にせず、ご覧ください。





タンデム入力受付時間がやや短いHDで、土台が不安定な家庭用コントローラーであることを差し引けば、その効果は充分に伝わるのではないでしょうか。アケだと1〜3セットぐらい増やすことが可能です。



最後に改めまして、タンデム入力に困っている諸兄の助けになれば幸いです。

上記入力法には特に名前もつけてないので、ダブルライトニングやエターナルローテーションなど、各々カッコいい名前をつけて使ってください。


僕は普通に入力します。
posted by sq at 22:37| Comment(37) | ジョジョ関連記
この記事へのコメント
少しばかり口角が上がりました。そこまでするか、と。
あと、小指の反り具合に。
Posted by ロバート at 2014年06月04日 07:25
薬指もありえない方向に。ドーピングの副作用ですか?(笑)
Posted by opi at 2014年06月04日 08:09
>ロバートさん
僕もここまで反っているとは思いませんでしたね

>opiさん
ナポレオンの薬指もこうだったと言います(要出典)
Posted by sq at 2014年06月04日 08:43
両手で綺麗に弱中強×9セットとか凄すぎます。
某氏の発想力やばい。
今度南浦和で見せて下さい。

僕は二番目のやつ練習してみます。
Posted by うっかり太郎 at 2014年06月04日 12:12
多少の技化けを気にしなければ9、10セットぐらいアケでいけますねちょっと試した感じ。
さすがに綺麗な弱中強の精度を求めるとムズいですが。

2番目のはできる人はすぐできるかと思いますよ〜
Posted by sq at 2014年06月04日 12:27
自分はパッドで安定は5セット頑張れば7セット位までは入りますが、アケコンでは何度やっても順番に押せず格ゲー向いてないかもですw最近HDでトレモもしていないのでパッドでも怪しいところですw
Posted by スフィア at 2014年06月04日 12:40
こ・・・これが、「回転」!!
Posted by りょう at 2014年06月04日 13:44
>スフィアさん
そのうち何やら大規模な遺産イベントもあるかもっぽいので、リハビリしときましょうw

>りょうさん
そして黄金長方形のパワー!
(7部読んでないくせに!)
Posted by sq at 2014年06月04日 18:15
デム上達のカギは香川にありそうですね・・。うどんが僕を呼んでいます。事務の仕事も残っています。
Posted by カン at 2014年06月04日 21:14
うどん、呼んでますね。
香川は遠いので丸亀製麺行って来ます
Posted by sq at 2014年06月04日 21:49
更新楽しみにしてました!カッコ良い動画ですね!
自分はジョジョは4部が好きなので、弱中強は4回にしますが、将来ジョジョリオン好きになったらこの方法で猛練習します!
Posted by at 2014年06月04日 22:06
ありがとうございます。そのままだとミスタに怒られるんで早くジョジョリオン好きになりましょう!早く!
Posted by sq at 2014年06月04日 22:17
ブログ更新待っていました。
SQさんの器用さと発想力にはいつも驚いています。
実用性の2番と魅せ要素の3番でしょうか。

質問させていただきたいのですが、空中でのスタンドクラッシュを使って何か面白いことできないですか?
また対空デムで空中の相手を殴り続けて地上に降ろし、地上コンボにつながる方法とかありますかね。
Posted by at 2014年06月04日 22:26
空中の相手にデムを当てて地上コンボへというのは基本的にはシステム上無理ですねぇ。

空中スタンドクラッシュは、対戦時にアドリブで硬直を利用してスパコン入れたりとかすることはあります。ポルのブラボーやミドラーのスパコン車などですが
Posted by sq at 2014年06月04日 23:20
PS3パッドもお願いします!!!!11
Posted by at 2014年06月07日 10:04
それはただボタンに指が密集してミチミチな状態をお送りするだけになるので!1
Posted by sq at 2014年06月07日 16:00
対戦動画を拝見させていただく度タンデムをどうやって入力しているのか不思議でしたが、グレートですよ…こいつぁ…という言葉しかありません。
Posted by at 2014年06月10日 14:59
ありがとうございます〜。
いや、普段はあんな風にはry
Posted by sq at 2014年06月10日 21:07
いつも負けて悔しい思いをしている初心者です。
中堅クラスのプレイヤーに厚い壁を感じています。
SQさんが初心者からトッププレイヤーになった過程に興味があります。
過去のエピソードや考え方の変化など上達していくSQさんの話を聞かせてもらえないでしょうか。
Posted by at 2014年06月15日 21:13
僕の場合稼動初期のジョジョ勢グループと始めて対戦した時わからん殺されたのが悔しくて、その場で当時なりの最新の情報を見て覚えて盗んで、次の機会に殺し返すという陰湿さを発揮していました。

なので、最初はとにかくモチベと時間(密度)ですかねぇ・・・。

で、すぐにあまり開拓されてなかったコンボ発掘に取り掛かってひたすら色んなキャラでコンボ探し→動画製作のために高難度コンボをミスりながら百回千回反復などしていたので、そこで表面上のキャラ理解(知識)や目押しキャンセル感覚(技術)などが経験とは別に身に付いたところは大きいかと思います。

その後はそういうアドバンテージとセンスでなんとなく勝ってましたが、人に教えたりする機会が増えたことを切欠に、なんとなくでやっていたことを整理確認/曖昧な部分を修正/空白部分を埋める/新たな可能性を探るなどして論理や思考の強化を図りました。自分用にテキスト化して。

みたいな感じです。その転換期が5、6年前で、今もまだまだ修行中です。
Posted by sq at 2014年06月16日 20:04
とてもカロリーを消費しそうな行程ですね
Posted by ロバート at 2014年06月16日 20:14
これで残りエネルギー1になりました
Posted by sq at 2014年06月16日 20:20
しぼりカスだッ!
Posted by ロバート at 2014年06月16日 20:37
なるほどぉ・・・・・、
頭を使っていると太らない!!
ってヤツか、名言だなコレは。
Posted by りょう at 2014年06月17日 18:22
そのうち太ったらアホになったと思ってください
Posted by sq at 2014年06月17日 21:50
盆休みもお邪魔する予定です。対戦会に日程合えば参加します。
Posted by T at 2014年06月19日 00:13
承知しました。合わして行きましょうそこは!
Posted by sq at 2014年06月19日 00:39
sqさんがロビーにいらっしゃるのはいつ頃でしょうか。
いる可能性が高い曜日や時間帯が知りたいです。
Posted by at 2014年06月21日 23:20
回線の関係でピークの時間帯(19時〜24時辺り)はラグくてやりたくてもできないので、
曜日は特に関係なく24時30分〜26時で出来る時にやる可能性が高いです。
あとは土日の朝〜15時くらいまでの時間帯もたぶんラグなくできるんですが、これは他に人がいないので除外で(苦笑)
Posted by sq at 2014年06月22日 11:00
これは素晴らしい発想ですね!

「ダブルスライド連打」って如何ですか?w
Posted by atheist at 2014年06月22日 14:50
略してダブスラが一般的な入力法になる日が来るのを信じています!
Posted by sq at 2014年06月22日 19:52
対戦会参加できそうです。
飲み会はその日の都合次第なのですが
はっきりとした回答が今必要であれば「不参加」としてください。
また当日対戦会終了後は筐体は使えない状態になってしまうのでしょうか?
Posted by T at 2014年07月24日 08:38
りょっかいです!
対戦会後にそのまますぐ対戦続行可能かどうかはちょっとわからないですね。借り物の基盤回収とか、もともとレジャランにある基盤にしても筐体の移動とか色々あると思うので
Posted by sq at 2014年07月24日 22:06
こんにちは、いつも興味深く拝見させて頂いてます。少し気になる事があるので質問をさせて下さい
デーボの人形6中>タンデムは2P側だと画面端限定とのことですが、これは狭いステージや
擬似じゃない画面端でも繋がるんでしょうか
画面中央や本当の画面端だと1P側でもほとんど繋がらず、擬似画面端でなら割と繋がるんですが
その際画面縮小で人形と相手が急接近しているように見えるので縮小が起こらないと繋がらない気がしまして
それともう一つ、左の擬似画面端に居る相手に人形が密着してタンデムすると人形が相手ではなく
本体の方に向かって進んでしまうことがあるんですが、これは何故でしょうか
相手にぶつかる前に画面端に当たって引き返してしまうとかそういうことでしょうか
お暇な時にでもご回答いただければ幸いです。
Posted by 串カツ at 2014年09月02日 18:08
先日の対戦会、お疲れ様でした!

暗転による画面縮小によってデムが繋がりやすくなるのはその通りですね。密着時に相手方向じゃなく逆に向かってしまうのも縮小による判定のズレが原因なのかどうなのか、その辺は正確に調べたことがないので何とも言えませんが・・・

デムの発生が1フレ遅い2P側使用時には尚更なんですが、デム内容の始動を立弱にすると繋がりやすいです。立弱を押してから屈中屈弱を連打する感じですね。
Posted by sq at 2014年09月02日 19:56
早速のご回答ありがとうございます。
やはり画面縮小が関係あったんですか、さっき擬似画面端+立ち弱始動で試したらかなり安定しました。早く実戦投入出来るようになりたいです。

対戦会お疲れ様でした。
もっと色々な人と対戦してお話を聞きたかったのですが、正直な話ビビってしまいました(笑)
バリバリの初級HD勢ですが、SQさんやかっきーさんが感じておられる対戦の面白さの片鱗ぐらいでも感じ取れるよう頑張っていくつもりです。
Posted by 串カツ at 2014年09月02日 22:01
デーボは難しいキャラですが自分の手足のように扱える境地に達したら物凄く強いと思うので頑張ってください!
どこにお住まいか存じ上げないですが機会があったら是非お話しましょうw
Posted by sq at 2014年09月04日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: