2013年04月20日

幻の金曜ジョジョ

金曜昼過ぎ、国松さんから週末ビッグワンに来るのか来ないのかという趣旨のメールが。

日曜は用事があるので土曜行きますと答えると、「それはそれとして、今日の夜なんかも軽くやれないかな?」というにわかに信じがたい文章が。

オッサンのくせに凄い元気だなと少し引きつつ、まぁたまにはそんなのもありかということで─────夜急いで風呂入って着替えて埼玉県は南浦和へ。


20時半着、仕事着のままのK松さんは既にそこに居ました。

自宅とビッグワンと仕事場の間しか移動しないK松さんとさっそく対戦。


最近よくやるイギー×チャカの吟味。



K松さんは犬の地上空中からの接近いずれをもそこそこ拒否できるという意味でか、中距離前後ジャンプ(犬の飛びと噛みあえば本体J強で発生リーチ判定のいずれかでだいたい勝てる)を試していた様子。

犬としてはそこへ地上からonD強対空を。

ちょっと前の記事で書いた通り信頼できる。

この日はそのonD強対空直後、今までやっていたバックワープorバックダッシュ→下受け身にまたD強という行動のほかに、そのまま前に出つつ砂柱(近距離立強)で下受け身を狩るというのをお試し。

いかんせん、onD強の硬直が長すぎてスタンド消すのが遅くなり普通に下受け身反撃されることが何度か。対空の打点が高ければ機能するが。

もっと余裕があれば本当は砂柱じゃなくさらに前に出て着地の裏から投げとか屈弱重ねとかがやりたいところ。でもやっぱり硬直が長すぎて難しそう。

もっとスタンダードなキャラなら下受け身読みor確認でデムって対空を確定させるのも悪くないんだけども、イギーだと取れるダメージは1割にも満たないのでゲージの無駄感。

犬の小ささは一長一短。相手を空中ガードさせても本体対空→S出現みたいな痛い確定取りもできやしない。



なんてことを考えつつ小一時間ほど対戦。

せっかく来たんだし、まだまだ夜はこれからだぜ!


・・・と、どこからともなくgoさんが。

もう長いこと集中的にがっつり対戦できていないgoさんは、飢えたハイエナのように国松さんのチャカに乱入。

いまいち勘が戻らない様子のgoさんに、ゲーム筐体からフィトンチッドが出ていると信じているK松さんが立ちはだかる。椅子とケツが一体化しているかのように不動の二人、対戦を繰り返す。


僕にできることは、そんな熱い2人の対戦を尻目にずっと座っていることだけです。

座れるゲームセンター、南浦和ビッグワン。

どのくらい座ってたかな?

もう少しで終電なんだけど気のせいかな。



20140420b.jpg
中段と下段の2択で、相手を翻弄し続ける。

20140420a.jpg
ミドラーとDIOの2択で、チャカに挑み続ける。

20140420c.jpg
写真撮るか寝るかの2択で、この日来た意味を自問する。



いやぁ・・・見てるだけでも良いものです。

眠くてあまり見てなかったけど良いんです。


主にチャカ×DIOチャカ×ミドラー

ミドラーはチャカに対して自分から仕掛けられる有効的行動がほとんどなく(ほぼノイズばかり)、見てから対応する術もデム対空ぐらいしか持たないので、発生判定に勝るチャカが触り放題、択り放題、暴れ潰し放題でかなり息苦しさを強いられる組み合わせ。ミドラーとしては我慢を重ねつつ、時には調子づくチャカに対して近距離on屈強(先読み)対空など無理を通したいところ。弱パンだったら終わるけども。

DIOはやっぱりコンボ精度が高くないと相手に全くプレッシャーがかからず、チャカがミスしてもアンラッキーな噛み合いがあっても命拾いまくりでチョロいことに。息さえあればどこからでもチャンスを作れるのがチャカなので、それに比べて少ないDIOは、そのデカい図体を上手に制御しつつここぞという時をモノにしないと厳しく、守ると決めたチャカにはナイフも大した脅威ではない。逆に、隙を刺すためのダッシュとコンボの入力精度が高ければ、チャカは本体D攻→S出さえ気軽に取れる行動ではなくなる。被弾=大ダメージで体力負けの局面が増えれば、DIOの受け身やジャンプについつい手を出したくなり、そこでようやくナイフが活きる。

なかなか難しい組み合わせ。


そんなこんなで、帰る前に少しgoさんとやって本日はお疲れ様でした。


行ってきます!
posted by sq at 14:00| Comment(2) | 日記

2013年04月15日

花粉症、治まったようです


春っていいですね!


アニメジョジョの流れで(?)アニメ進撃の巨人も見ています。

原作は以前に4巻ぐらいまでは読んだものの、登場人物がやたら多いのに絵がアレで誰が誰だかよくわからない上にあのシーンもこのシーンも絵がもう少し良ければさぞかしグッとくるだろうに的雑念で集中できず、やがてカーズは考えるのをやめ僕は買うのをやめたわけです。

が、そんな諸問題を見事解決してくれるアニメ化。

20140415.jpg

この勢いで原作を見返してみるも、やっぱりキャラの名前と顔が一致せず少し読んでは戻り読んでは戻りやがてカーズは

でも5巻買って読んだらちょっと上手くなってたので良かったです(小学生風感想)



今週のビッグワンジョジョ。

集中力を欠いていたのでデータ取るような対戦できず。
適当なキャラ乱雑に使ってはぐはぐ。

また2キャラメインぐらいに絞って色々考えていく期間を取らなければ。


というかほぼ格ゲーしかないゲーセンが人でぱんぱんになっているんですが、ここは一体いつの時代なのか。
posted by sq at 22:36| Comment(0) | 日記

2013年02月22日

先般の

a-choカプコン祭2013の動画があがっております。



関東からはかっきー@ポルとチヒロmk2@DIOが行ったようです。
若干がちゃついているのは長旅の疲れのせいと汲んであげましょう。




昨晩、マルコさんに手伝って貰ってとりあえずDIOの判定表示動画を作ってみようと思ったものの、動画で見るとかなりわかりにくいことが判明。

リプレイで判定確認する時も一時停止しないとイマイチ何がなんだかよくわからないのに、動画化してコマ落ちすると余計に。

なので、結局静止画が良い。

20130222.jpg

こんな風に。

今このブログに置いてある発生・持続フレームのデータがまとまってなくて不便なこともあり、いっそのこと各技ごとに判定画像・発生・持続でまとめて、どうせならこれを機に硬直フレームも調べて加えてよっしゃめんどくさい!

HDで遊んでる時間を削りましょう。
posted by sq at 20:54| Comment(4) | 日記

2013年02月04日

最近あったことたち

ちょっと前に微熱が出て風邪を引きかけたものの・・・

ezo.jpg

これ飲んで5時間寝ただけで元気になってました。


薬で症状を抑えようとするのは素人。免疫力を高め、己の力で治すのが正道。

薬局の人もそう言ってた。

も、というか薬局の人がそう言ってた。




ゲーセンでジョジョってます。

色々やってますが、レバー操作精度向上の為にDIOでコンボ練習したり対戦したりも。物凄い負荷が心地良い。


レバーの持ち方に関しては以前も試行錯誤したことがあったものの、結局つまみとかぶせの中間のようなよくわからない持ち方は変わらず、しかしどうも自分のベストではない気がして。


結局どんな持ち方が良いのか?


r1.jpg

ワイン持ちってこんな感じだっけ?

よくわからない・・・というか無理。できる気がしない。

そもそも僕はワインを飲めない。


r2.jpg

これはチョキ持ち。

グーが来たら負けてしまうが、指を開けばパーにもなる。

リアルファイトの時は鼻フックとしても使えるという一面も。


r3.jpg

応用して逆チョキ。

リアルファイトの時はサミングとして使えるのが良いが、それ以外は何ひとつ良くない。



という感じで色々試した結果─────

r4.jpg

これが比較的やり易いということになりました。

少なくともDIO使用時はやり易い。

少し難しい話になるけども、薬指とレバーが触れる部分を作用点Aとした場合、その作用点Aとレバーの第1回転軸の中心とを結んだ直線L1は、中指とレバーが触れる作用点Bと第2回転軸とを結んだ直線L2に対してほぼ直角となる。

従って、ごく僅かの力でレバーを操作することが可能になるのかは全然わからない。

何を言っているのかわからない。




さて。

HDカーンことぼむさんは最近しっかりゲーセンジョジョ勢ぽくなっていて大変喜ばしく、チャカなども触り始めた様子。スポンジ並みの吸収力。

半年振りくらいに見た中級者ハンターことIくんのアヴも、ワンパ気味だった以前と比べるとめっちょ繊細になっていて普通に上手い強い。対戦し甲斐のある、対アヴ戦の参考になり得るアヴになっていてびっくり。

中距離ではもうちょっと意識して昇竜レバーを仕込んで対空狙ったほうが良いかも。弱クロスファイアに遅れ気味に飛ばれるというベタな場面でも出てなかったので、ダッシュに対するon屈中を出しつつ昇竜仕込んで飛びを見るなどのテクも含めて。

画面端を背負った状態でK松チャカにプレッシャーをかけられ、on立中を振ってしまいその戻りにカウンター差されまくっていたりも。でも以前ならここで本体屈強連打とか昇竜とかしていたことを知っている身としては、その困り方と模索の進歩に笑み。デムで強引に打開しないのが素晴らしかった。



強引に。



困ったら困ったことと向き合ったほうが良い。

諦めるんじゃなくて、やるべきことは考えること試すこと、そして死ぬまで画面見て抗うこと

瀕死の時、ベタだけどバレてるけど一発狙いとかの意図が透けて見えると萎えるというか、勝っても面白くないし負けても相手を認めることなどないというのが正直なところ。


この前あるプレイヤーがgoさんとの対戦は面白いと言っていたがその理由は明確で、goさんはそういうことを一切しないから面白い。その時ただ勝ちたいだけの行動を取らないから面白いし、当たるも八卦の強行動やとりあえずデムなどのドーピングを除いた部分を煮詰めるのにとても参考になる。根幹のレベルアップや理解にはそれがとても重要と思える。

一方、荒い相手にはどうせどこかで一発入るだろうということを期待してしまい、ぐいぐいの判定押しとか強行動連発にまともに付き合うのが面倒くさいという感情も相俟って自分も荒くなり、対戦としてつまらない、見た目泥臭い、何も残らない。


右も左もわからない人やその辺の野試合、いざという時の殺し合いなどは別として、長くやってる者同士でさぁ組み合わせを煮詰めましょうという時にそういう対戦を展開してしまうのは恥ずかしいし、マジメに向き合ってくれる相手に自分だけ楽しんで甘えた行動連発するのは不誠実。

ドコを目指してるかナニが目的かに寄る話であるものの、不毛な対戦相手になりたくない人は努々忘れぬよう、自戒を兼ねて。




免許更新のためメガネを新調しました。

安いのを適当にって歳でもないし、末永く大事に使うためにも良いものを、ついでにデザイン性も追及し・・・ということでお見積もりは──────?



「10万円になります。」



じゅっ!?


genjo.gif


フレームが5万ですから。

お店の人に似合いそうなのをいくつかチョイスして貰った中からの。

決して口車に乗せられたわけじゃなくて利害が一致していたわけだから、むしろジョセフのハッタリにあえて乗ったワムウ的な。

だから死の結婚指輪も埋め込んでおいたから。店員に。

33日後に溶解するから。

知らないから。



車の運転などをほとんどしないため裸眼で我慢派の僕でしたが、これを機に一気にメガネ派、むしろハカセ派で行こうと思います。
posted by sq at 20:36| Comment(8) | 日記

2012年12月30日

ゲーセン納め

秋葉にてsamo & WJ。

自分以外誰も信じていないW氏はこの季節予防マスクをかかさない。

20121230a.jpg

そんな彼はDIO一人プレイで何をするでもなくひたすら操作確認やコンボ練習していた辺りもうダメかもわかりません。「スカイリムでバグが起こって・・・」とか全然わからないことを口走ったり。
これから南浦和に行くと告げる僕には「家でゲームするから」との返事。

風邪引けばいいのに。



南浦和にて国松、かっきー、レッド、仮面。

20121230b.jpg

国松さん以外は別に人の当てなく遊びに行っただけだったものの、なんと上記の人達が。

ゲーセンの風紀を守っていそうな名前でありながら時に自ら乱しにかかることで有名なゲーセン仮面さんは、僕のDIOに対して回り込み屈弱からのガチャデムしか狙わないという糞プレイを発動。

そういうことをするからですよ。


ちなみにこの日(29日)の模様はビッグワン2ndのサイト上で垂れ流されていたようです。

録画とは別に、今後こういうこともまたあるかもわかりません。

店長さんの「わじさん来なかったね」の一言が胸に突き刺さりました(実話)



最近どうもジョジョについて色々書きたいようなというか煮詰めたいような対戦があまりできていないのが困りモノ。


轍があるんですな。

それをなぞって勝ててしまうと毎度毎度考える(改める)必要がない。

負けるときはだいたい集中力切れて適当になって、だったり。


困って負けるケースもあるので、まぁそういうところを。

来年から。そう来年から。
posted by sq at 21:59| Comment(0) | 日記