2014年06月03日

真・タンデム入力法

お久しぶりです。2ヶ月以上ぶりの更新です。

いや、別にツイッターあるからブログはいいやとかじゃないんです。

『理想のタンデム入力法』を求めて全国を行脚していたんですから。各地の美味しいものを食べながら。


そう。立ち回りやキャラ対策と同様、ボタンの押し方だっていつまでも旧習に囚われ墨守しているようでは進化はないのです。


そんなわけで───

タンデムの(弱>中>強)が最大で4セット程度しか入力できずダメージアップが図れない、あるいは上手く押せずに正確性に欠ける、かといってガチャ入力は何だか下品だし一生結婚できそうにない・・・とお困りの諸兄に、僕が香川でうどんを食べてる時に思いついた、とびきりアヴァンギャルドでファンタスティックなタンデム入力法をお教えしましょう。


でもまぁ待ってください。落ち着いてください。興奮しないで。

まずは基本を振り返って、最もスタンダードだと思われるピアノ押し(ピアノ連打)ですが。


tandem1.jpg


弱ボタンを人差し指、中ボタンを中指、強ボタンを薬指で順番にズラし押しするこれ。

(これが3セットすら押せない人はまず格闘ゲームをやるのは厳しいと思われます。事務の仕事とかに専念しましょう)


僕はこのピアノ押しだとアーケードで7セット安定、ちょっと真顔になれば8セット入力も難しくはないものの、弱中強が全て綺麗に認識されるかどうかは不安定。


しかしそこをなんとか8セット安定、さらには9セットの壁を突き破りたい・・・・と考えたとき、必要になってくるのは両手を使うという発想です。


そもそも、右手が必死に頑張っているというのに左手が休んでいて良い道理はありません。

何をのんきにレバーを握っているのか。働け働け!


というわけで、新たな入力法のひとつがこれです。


tandem2.jpg


左手の人差し指が弱ボタンを担当。右手は一つずれて人差し指で中ボタン、中指で強ボタンを。運動量が分散されるので右手の負担が少なくなり、なおかつ薬指を使わないこともあって正確性がグっとあがります。

僕はこれでアーケード8セットがかなり安定しますが、悲しいかなこの入力法はタンデムコマンド後すぐ左手で弱ボタンを押す必要があるため、ワイン持ち系の人には不向き。

なのでワイン派の皆さんには今すぐ宗旨替えをおすすめします。そもそも何であんな持ち方でゲームができるんですか。



そしてもうひとつ。

今度は弱ボタン担当どころか左手を豪快に使ってしまいます。

まず右手の(中指を中心とした)指の腹で弱→中→強ボタンを横にこすり、その右手を追うようにして左手でも同じことをやり、それを繰り返します。


tandem33.jpg


赤い矢印が右手の、青い矢印が左手の軌道。


どうですかこの斬新さ。

アホの坂田が走るが如き、もとい、忍者が手裏剣を投げるが如き華麗な手さばきは、弱中強セットの回数を増やすだけでなく、見るものを惹きつけてやみません。

外国人が見たら確実にニンジャ扱いしてくること請け合い。

エンターテインメント性含め、これぞ前提的かつ理想的なタンデム入力方法と言えるのです。




こんなんで入力できるわけあるかアホ!坂田!

という人のために上記3通りの入力法を順番に実践した動画も用意しましたので、部屋がちらかってることや小指が心配な方向に曲がっていることは気にせず、ご覧ください。





タンデム入力受付時間がやや短いHDで、土台が不安定な家庭用コントローラーであることを差し引けば、その効果は充分に伝わるのではないでしょうか。アケだと1〜3セットぐらい増やすことが可能です。



最後に改めまして、タンデム入力に困っている諸兄の助けになれば幸いです。

上記入力法には特に名前もつけてないので、ダブルライトニングやエターナルローテーションなど、各々カッコいい名前をつけて使ってください。


僕は普通に入力します。
posted by sq at 22:37| Comment(37) | ジョジョ関連記

2014年03月31日

この数週間

LTE通信対応のタブレット(nexus7 2013)を買うの買わないの悩んでいましたが、結局


20120410e.gif

ということで買ってません。
どうせお高い買い物なら、夏に8インチが出るらしいのでそれにしたい。

その代わりの繋ぎとして、安くなってた2012版32GBモデルを増税前の精神テンションで購入。

20140331.jpg

(昂りすぎてLサイズカラムーチョとカロリーメイトも大量購入)


これで購入予定だった電子書籍も消化できる。
ゲーセン向かう途中電車乗りながら対戦動画を見て予習復習できる(しない)


ツイッターもよくわかってないままアカウント作りました。

HDやアケの方々、ふぉろーよろしくお願いします!綺麗な風景や飲食店で注文した料理の写真をアップするようなオシャレな使い方を目指します!




前の記事のでおでお戦に関してコメントで解説をお願いされたので何か書きます。

まずDIO同キャラは

・お互いデカくて速いので触りやすい触られやすい
・お互いデカくてGC弱いので崩しやすい崩されやすい


に尽きます。

on弱攻撃の発生が立弱屈弱ともに5フレなので、触った後に割り込まれにくいというのも。同じ感覚で承太郎を固めようとすると一瞬で2フレのジャブに割られるわけですが、DIO同キャラでは多少の図々しさ、自分のターン継続が許されます。

ということを念頭に置いたDIO同キャラでの立ち回りのポイントは、触られないように触る間合い管理と、触った後に何かしらダメージに繋ぐこと、触られた時にまとまったダメージを受けず凌ぐこと。

・・・が要点だと思って僕のDIOは立ち回ってます。

お互い空中ナイフあるし接触が容易いので、対空や牽制には例えばチャカ戦などに比べて意識を割きません。


そんな感じで実際の対戦を見返してもらえれば何を考えて動いてるかはわかって頂けるかと思います。以前記事にした本体D立弱もそうですが、onD強のハイキックや昇りonJ攻撃による崩しもDIO戦では使用頻度が高まってます。たまに変なことしてますが、まぁそれは半ばネタだったり(血の召還)あえてだったり(ハイリスクなビーム連発)で。


なるべく触られないように動いたり、アプローチの手段としては相手のデカさやon弱の発生の遅さ(割り込まれにくさ)を踏まえてJ攻撃などもやや早めに出すことが多め。

まともに初段が当たることを期待するより、せっかく削りと崩しを天秤にかけられる組み合わせなのだからまず触って、それからです。

何百回もやってることなのでマルコさん側も根底にあるのは今書いたような意識であるはず。


ただHDではあまりそういうことになりませんがラグのないAC対戦だともうちょっと相手からの差し返しや最速アドバ→反撃をケアする必要が生まれます。本体D屈弱>ムダ〜とか食らったらかなりラウンドの結果を左右するので。




シーン別の細かなことは・・・・

書こうと思えば色々あります。ミスに関してや狙いに関してなど。
ただそういうのは具体的に気になる場面を指摘してもらってそれに関して応えるという形式でないと際限なくなってしまうので(汗)

そのうちアップした対戦動画に喋って解説も試してみるかもわかりません。

まず喋り全一の国松さんにやらせてみようか。
posted by sq at 23:30| Comment(30) | 日記

2014年03月10日

外国人向け




『HDの星』『栃木の最終兵器』などを自称するマルコさんとのHD対戦録画から、僕がドヤってるだけの対戦、負けてる対戦など数本選んで詰め込みました。

いきなり動けてないDIOにアヴが好き放題やってますが、所々に栃木の良さが見え隠れしているんじゃないでしょうか。

最後の対戦なんか、飛び越え空中ナイフを読み気味の地上ナイフ(及びその直前のバックダッシュによる下以外の受け身への対応用意)とか固め後のダッシュを読んだその場でオフ立弱>S出現とか出し得立弱含む各種対空選びとか、これが最初は何もわかってなかったHD新規参入DIOの、1年ちょい後の姿ですよ。

他にもHDには頑張ってる勢がいるので、まだまだエンジョイや練習の場として続いて欲しいモノデス。
posted by sq at 00:13| Comment(11) | 対戦動画